業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月03日 [FAQ]

レンタカーに犬を同乗させることは出来ますか?

自分は車を持っていないので、旅行に行くときはレンタカーを利用しています。今、付き合っている彼女と夏に5日ほどの旅行を計画しているのですが、ペットホテルに預けるには長いし、彼女が飼っている犬を一緒に連れて行きたいと言っています。
そこで質問ですが、レンタカーに犬を同乗させてもよいのでしょうか?

回答

同乗可能ですが条件がありますので確認しましょう


ペットを飼っている方は休日のお出かけの時も一緒に連れていきたいと思われることでしょう。ご自身の車であればどんな形であっても問題ありませんが、レンタカーを利用される場合は各社が制限を設けています。その条件に合意し、予約時に事前申告した人のみペットを同乗させることが出来ます。申告なくペットを同伴した場合はレンタルを断られると考えましょう。何故なら、ペット同乗者が借りれる車は制限されているからです。ご自身がレンタルしたい車がペットの同乗が出来るかどうか、レンタカーショップに確認しなくてはいけません。
基本的にペットは体重が10kgまでの犬と猫が対象です。各社が定める規定サイズ内のケージ(檻)に入れることが定められています。社内ではケージから出してはいけない決まりです。ケージはレンタルしていないため、ご自身で用意しておきましょう。そして、ケージはラゲッジスペースか後部座席の床に指定のシートを敷いた上に置きます。好きな場所に置けるわけではありませんので注意しましょう。更に、同乗中の食餌、給水も禁じられています。
同乗するペットにとっては厳しい条件と感じるかもしれませんが、ご自身の車ではなく、レンタカーということを認識しましょう。各社が定める規約に従わなければいけません。
規約に従い同乗させても、場合によっては臭気、汚損、破損などで修理が必要となることもあります。その場合、修理や消臭にかかる実費を支払う義務があります。一方、カーシェリングではほとんどの会社がペットの同乗を不可としています。カーシェアリングは車の利用者が車内をきれいに掃除することが前提ですので、ペットの臭気や毛などが残っていても客観的に判断する人がいません。次の借り手からクレームが多かったことから同乗がNGとなってしまったのです。動物が好きな人も居れば、苦手な人、アレルギー体質の人など色々な方がいます。
レンタルする際には規約を守り、他の人へのリスペクトの気持ちを忘れないことが常識を守ることに繋がるでしょう。

PageTop