業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月07日 [FAQ]

車のバッテリー上がりはどう対処すればいいですか?

この間、初めて自分の車を買ってとても嬉しくて毎日長時間ドライブしているのですが、車に乗っているとさまざまなトラブルが起きてしまう可能性があるため、きちんとした知識を持っておきたいと考えています。
なかでも気になっているのはバッテリー上がりで、幸いこれまでにバッテリー上がりに直面したことはないのですが、いつか自分の車に起きてしまうことがあるかもしれないため、そんなときにどのように対処すればいいのか教えてください。

回答

充電をするか、交換することで対応できます


バッテリー上がりとは車で使用する電力が多すぎてしまって強い負荷がかかることでバッテリーの充電が切れてしまうことであり、さまざまな原因から引き起こされてしまうため、思わぬときに起きてしまうことがあります。
エアコンやオーディオ、ライトなどを過剰に使用して充電を使いすぎたために起きるケースもあるのですが、それ以外にもバッテリーそのものが故障しているケースや配線の劣化によって引き起こされることもあるのです。
また、実際にバッテリー上がりが起きているように思われるケースでも、実は別の症状と勘違いしているケースもあるため、エンジンがつくか、セルモーターが回るか、室内灯やライトなどがつくのか確かめて判断しましょう。
たとえば、ガス欠のためにバッテリー上がりのようになっているケースもあり、端子の接触不良によってバッテリー上がりのような症状が出てしまうこともあるため、もし近くにガソリンスタンドなどがあるならば、バッテリーテスターを用いて電圧を測定するのが確実です。
バッテリー上がりが起きたとしても、別の車に協力してもらうことで外部の電力を利用すれば、バッテリーを充電させて始動させることができ、この場合はブースターケーブルというものを使います。
しかし、周りに協力してくれる車がいないケースも存在するため、この場合はロードサービスに連絡をして助けに来てもらうのが一番確実で簡単な方法となっていて、お金はかかるのですがすぐにバッテリー上がりを直してもらえるでしょう。
ただし、ロードサービスの人がさまざまな方法を用いて充電を試みても回復しないケースもあり、この場合はバッテリーが寿命を迎えている可能性が高いため、バッテリー交換をしなければいけない場合があります。
バッテリー交換についてもロードサービスに対応してもらうことは可能なため、バッテリーに関するトラブルが起きたときには、気軽にロードサービスに問い合わせてみるとよいでしょう。

PageTop