業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月26日 [FAQ]

運送アウトソーシング先を絞る方法とは?

近頃では、運送アウトソーシングを利用している企業も多くなっているそうですが、我々もこれまで物流業務は大手宅配業者や郵便局など、料金や状況に応じていろいろな業者に依頼してきました。
しかし、運送が必要な商材の数が多くなり、委託先を1社に絞った方が効率化を図れると思って、現在信頼して任せられる運送会社を探しています。
これまでの経験からして、宅配を取り扱っている大手の運送会社の場合は、保証が充実しているところは確かに大きな魅力なのですが、マニュアル化されていて融通が効かないところがあって、柔軟性にも欠けている分、急ぎの仕事には対応してもらえないことがたくさんありました。
ある程度保証制度も整っていて、自分たちが困っていることにも親身になって対応してもらえる、中小企業の運送会社とお付き合いしたいと考えています。
もちろん、今後取り扱う荷物の量にも対応できるだけの設備や車両や人員が整っていることは取引する上での絶対条件ですが、将来的に対応してもらえるのであれば現在それだけの体制が整っていなくても取引先の候補に入れてもいいので、それを踏まえて運送アウトソーシング先を決める方法を教えてください。


回答

事前にお試しすることをおすすめします。


運送会社を乗り変える際には、配送料金は確かに大きな要素になるわけですが、それを重視して委託先を決めてしまうと、後で失敗してしまう可能性も高くなります。
したがって、貴社が望む物流サービスと、概ね一致するかどうかを、事前に確認しておく必要があります。
そのためには、本契約を交わす前に、何度か実際に取引してみるのがおすすめで、そうすれば言葉だけではない、本当の作業の質も対応も確認することができます。
そうすることで、現在利用している運送会社との比較もできるし、今後より高いサービスを提供してもらえるかも肌で感じることができます。
信頼して今後取引できる物流会社は、物流品質を数字で管理できていなければいけません。
昔ながらの感覚を良しとしている場合は、時代遅れと割り切って候補から外してもいいでしょう。
運送業務を通じて接するお客様に対しても、自分たちの大事なお客様として対応してくれるかどうかもとても大事なポイントなので、細かい点までしっかりチェックをした上で、取引先を決定しましょう。

PageTop