業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

冷蔵や冷凍の宅急便の注意点はありますか?

私は冷凍をしたものを遠くにいる知り合いに届けたいと考えていて、そのためには冷凍に対応した宅急便のサービスを利用しようと考えているのですが、これまでに冷凍の必要なものを送った経験がないため、トラブルが起きてしまわないか心配になっています。
そこで、冷凍が必要なものを宅配便で送るときには、一体どういう点に注意したほうがよいのか、大事なポイントについて教えてください。

回答

しっかりと予冷しておき、適切なサービスを選びましょう


冷凍させて鮮度を保った状態で何かを送りたいというケースは珍しいことではなく、宅配業者の中には冷凍便のようなサービスを用意しているところがあって、こちらを利用することで、冷凍された状態のままで相手に届けることができます。
ただし、保冷輸送をするサービスというのは、冷凍されたものをそのままの状態をキープして相手に届けるというものであって、荷物を冷やしたり凍らせたりしてくれるサービスは基本的に含まれておらず、そのような機能も持っていないため注意しましょう。
そのため、事前に予冷してしっかりと凍った状態にしておくことが大切であり、もし予冷されていないと保冷温度が上がってしまい、輸送している途中で何らかの影響を受けてしまう可能性があるため、そういう荷物は基本的に引き受けてもらえないのです。
また、保冷して輸送するサービスの中には冷蔵するタイプと冷凍するタイプの2種類が存在していて、それぞれ輸送するときの設定温度が異なっていて、冷蔵タイプの場合は冷やすことができても凍った状態をキープすることが難しくなるため、送りたいものに合わせて適切なタイプのサービスを選びましょう。
アイスクリームを送る場合には、より低い温度で輸送することが求められるため、梱包するときには発泡スチロールを使って、さらにドライアイスをしっかりと詰める必要があるため注意してください。
また、冷凍して輸送してもらう際には、通常の荷物と比較すると細やかな配慮が必要となって、特別な機能を持った車両を使う必要があり、対応してもらう際には料金が高くなりやすいため、その点は納得して利用しましょう。
梱包する際には結露してしまう可能性があるため、タオルや新聞紙などをダンボールの底に敷いておくようにして、こうすることによってほかの荷物を濡らしてしまうのを防げます。
そのほか、業者から注意点についてしっかりと聞いておき、ルールを守って利用しましょう。

PageTop