業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

大手と中小の違いと運送会社の選び方は?

これまでは、商品の発送に宅配便を利用していましたが、細々とした小口の場合はそれも継続しますが、ある程度まとまった大口の商品の発送は、費用負担もそれなりにかかってしまうので、特定の運送会社を契約して、経費削減を図ることを社内で決定しました。
大手の運送会社だと、対応エリアも広いので、当初はその方向で考えていたのですが、実際に業務を行っているのは下請けの中小企業であることは分かり、それなら最初から対応エリアの広い中小の運送会社に依頼した方がいいのでは?という意見が出たところです。
そこで、運送会社における大手と中小の違いと、依頼先の選び方を教えてください。
良いアドバイスを期待しているので、どうぞよろしくお願します。


回答

必要な要望に余裕をもって対応してくれる会社に。


大手運送会社と中小の運送会社のメリットとデメリットを紹介すると、まず大手の場合は、サービスを含む品質の高さと、補償の充実さが最大のメリットです。
問題が起こった時には、迅速に対応できるマニュアルもきちんと整備されていますし、徹底された社員教育によって、ドライバーの質も良いと言えます。
確かに大手の場合は、配送エリアによって地元の下請け業者に委託しているケースが多く、そうなるとどうしても料金が高くなってしまいます。
他にも、融通が効きにくく、細かい要望に応えてもらえない場合があることがデメリットと言えます。
その点、中小の運送会社は、競争も激しいこともあって、細かい要望にも応えようと努力をしてくれて、小回りも効くところと値段の相談にも応じてもらえるのが大きなメリットです。
ただし、補償面など、会社によって品質の大きな違いがあって、資本力も含めて、信頼できる会社を選びにくい点がデメリットです。
大事なことは、大小問わずに、ご自分の要望をなるべく満たしてくれるところを選ぶことで、そのポイントとしては、対応可能なエリアや、配送可能な商品が挙げられます。
もちろん料金も大事なポイントですが、ここをクリアできなければ、そもそもの目的を果たすことができません。
そのためには、それぞれの運送会社が所有しているトラックの車種と対応能力がかなり重要になります。
無理に仕事を引き受けてもらうと、後々大きなトラブルにつながりますので、余裕をもってこちらの要望を叶えてもらえることを、必ず確認した上で契約を結びましょう。

PageTop