業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

エレクトーンを含む引越し代金を安くするには?

私も主人も音楽が大好きで、良い音で好きな音楽を聴きたいために、オーディオにもかなり凝っていて、スピーカ―などの結構大き目のオーディオ機器を複数所有しています。
さらに、私も主人も楽器を演奏するのが好きで、マンション暮らしなのでこれまでは大きな音を出すことはできなかったので、念願のマイホームを持つことにして、そこに防音室を設けてもらいました。
念願のマイホームの完成を真直に控えて、現在引っ越しの準備の真っ最中です。
新しい家では、私が欲しかったグランドピアノも置いて、主人はドラムセットをすでに楽器店で予約して、手付金も支払いました。
これまでは大きな音をたてなくてもいい、電子ドラムとエレクトーンを所有していて、その他にもギター、フルート、ベースなど、小型の楽器は複数あるのですが、ドラムセットは分解すれば小さくなるので問題ないのですが、エレクトーンは小さくするといっても限界があって、重さもかなりあることから、先日見積りをお願いした引っ越し業者では、お引き受けできないと断られてしまいました。
まさか引っ越し自体を断られるとは思っていなくて、事前にエレクトーンがあることを伝えていなかったことを申し訳なく思ったわけですが、もちろん次はエレクトーンがあることを事前に伝えて、それでも引っ越しをしてもらえる業者に依頼するのですが、エレクトーンを含む引っ越し代金を安くするコツがあれば教えてください。


回答

時期や曜日や時間を選ぶことも良い方法です。


すでに引っ越しの時期が決まっていると思うので難しいと思いますが、引っ越しの繁忙期を避ければ、引越し代金を抑えることができます。
時期が変更できなくても、土日などを避けたり、混み合う時間を避けたり、時間を業者任せにすることでも、引越し代金を安く抑えることはできます。
エレクトーンやピアノを取り扱っている引越し業者を見つけたら、できるだけ多くの業者から見積りを取ることが、引っ越し代金を抑える最も良い方法です。
すべての業者に現場まで来てもらうのは大変なので、インターネット上から一括見積りサービスを利用することをおすすめします。
ある程度の数に絞ったら、家に呼んで現場を見てもらい、それぞれに相見積りを取っていることを伝えて、価格競争を促すことで、より費用を安くすることができます。

PageTop