業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

引越しにかかる時間と流れは?

はじめての一人だけの引越しで、今から何から手を付けていいか困惑しています。
これまで自分が転勤になることはないと思っていて、実家から今のマンションに引越ししてきたときには、恥ずかしながらほとんど親任せで、自分では荷物の梱包を少し手伝っただけで、引越し当日の立ち合いも母にお願いして、その日は彼女とのんびりデートしていた記憶があります。
突然転勤を言い渡されて、今回は親の手伝いも期待できなくて、時間もあまりなく、引越し当日は自ら立ち合いをして、その後遠く離れた引越し先に新幹線で移動して、荷物の搬入にも立ち合わなければいけません。
引越しの流れと、引越しにかかる時間について教えてください。


回答

引越し当日はたくさんの仕事が用意されています。


遠方への引越しを行う場合は、引越しにかかる時間をある程度把握しておく必要があり、スムーズに搬入に立ち会うためには、事前に依頼する引越し業者と打ち合わせを行わなければいけません。
引越し当日に引越し業者が行う作業は、「引越し荷物の搬出・トラックへの積む込み」「トラックでの輸送」「新居への荷物の搬入」の3つに分けられます。
もちろん荷物の搬出や搬入にかかる時間は、荷物の量によって大きく異なりますが、単身者であれば、搬出に1?1時間半程度、搬入は1時間前後みておけば大丈夫です。
ただし、これは荷物を予め梱包していた場合で、荷造りを当日引越し業者にしてもらう場合は、2?3倍程度の時間が必要となります。
トラックの運送にかかる時間は、運送業者に確認しなければいけませんが、それができない段階だと、地図アプリなどを利用して時間を算出しましょう。
引越しの当日には、やるべき仕事がたくさんあります。
まずは、引越し業者の作業の立ち合いを行います。
特に作業を手伝う必要はありませんが、荷物の積み忘れなどがないかをきちんと確認する役目があります。
引越しの荷物を搬出する場合は、必ずゴミが出ますので、ゴミ袋を用意したり、事前に大家さんや管理会社に相談して、退去の準備をしっかり整えておきましょう。
掃除が必要な場合は、その時間も計算しておく必要があり、その他にもガス閉栓や、エアコンの取外しの立ち合いなどが必要になるケースもあります。
新居までの移動の方法や、そのための所要時間もきちんと調べておきましょう。
新居に移動したら、搬入前に掃除が必要になる場合もありますし、荷物の置き場所も確認しましょう。

PageTop