業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

車を引越し先まで運びたい場合、どのような方法がありますか?

私は大学進学時に地元の福岡から東京へ上京しました。大学卒業後は都内の会社に就職し以降、ずっと東京で生活してきました。結婚に至るご縁はなかったのでこれまで独身で自由な生活だったのですが、高齢の母の体調が思わしくなく、昨年から実家へ様子を見に帰る機会が増えています。私は兄弟がいないため両親が頼れるのは私だけ。父も母を心配しながら家事を代わりにしたり頑張っていて、自分が実家から遠く離れた東京で生活している意味があるのかと自問自答することが増えました。仕事は在宅でも出来る業務なので会社にも色々相談し、退職することなくリモートワークで継続しながら、会議のある時に上京することで了解がもらえたので実家に戻ることを決断しました。仕事柄、車で移動することが多いのでマイカーを所有しています。実家に帰ってからも車は必須なので実家に持って帰るつもりですが、自分で運転するには遠すぎます。このような場合、どのように運送できるでしょうか?

回答

引越し会社で対応可能なケースや輸送専門業者へ依頼するのが一般的です


遠距離の引越しの場合、車やバイクの輸送はどうしたらよいかと悩むものです。自分で運転して運ぶ以外の方法では引越し業者に依頼して陸送してもらうことが出来ます。多くの引越し業者でオプションサービスとして車の輸送を引き受けています。引越しを依頼すると同時に手続きや見積もりが進み、他社を探す手間がかからないことがメリットです。引越し前の忙しい時期に余分な手間を省き、1社で依頼が完結するのはとてもラクです。デメリットは引越し業者が車の輸送を提携業者へ委託することが多いため、引越し業者の仲介手数料が加わることで輸送料金が割高になることでしょう。
引越し業者以外の輸送方法としては、車の輸送専門業者です。直接依頼することで間に業者が入らない分コストメリットが出るのは明らかです。さらに、行政書士と提携している輸送専門業者では、各種手続きを含めたサービスを執り行っているため、追加費用とともに依頼出来ます。住所変更や、引越しに伴いナンバープレートの番号が変わる場合、陸運局にて登録作業を完了した上で引越し先まで届けてくれます。これらの手続きも一緒に依頼出来ることで手間が省けるのはメリットでしょう。デメリットは引越し業者とは別に打ち合わせする必要があり、引越し日以降に輸送してもらうための日程調整を行わなくてはいけないこと。そういった手間と時間が負担でなければメリットは高いでしょう。業者へ依頼する際は後のトラブルを避けるためにも傷や破損の確認を忘れずに行いましょう。

PageTop