業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

程度の良い中古車はどうやって見極めればいいの?

ようやく運転免許を取得して、欲しかったマイカーを購入しようと計画している者です。
本当は新車が欲しいですが、安月給のサラリーマンなので予算が限られています。
スピードを出すのが好きなわけではありませんが、以前からスポーツカーに憧れていて、どうしても新車だと一部の車しか選ぶことができないということもあって中古車に絞ったわけですが、メカには詳しくないし、購入してすぐに故障するのも嫌なので、ある程度年式の新しい車で程度の良い車を手に入れられることを希望しています。
それを実現させる方法を、中古車択びの注意点も含めて教えていただけないでしょうか?


回答

車検が切れる時期を狙うことをおすすめします。


状態が良くて綺麗で、故障しにくい中古車が欲しいのであれば、3年落ちの車をターゲットにすることをおすすめします。
もちろん新車から3年経てば価格もだいぶ安くなりますし、車を購入して3年後は車検のタイミングなので、この時期にマイカーを買い替えるために手放す人が多く、その結果在庫が増え、選択肢も増えるからです。
また、3年後に訪れる2年ごとの車検の時期も、車の相場は下がりますので、5年落ちや7年落ちの車も狙い目です。
5年落ちの車で走行距離も短かければ、まだまだ綺麗で故障の心配もそれほどいりません。
高級車が欲しいけれど、予算が間に合わない場合は、7年落ちだと新車よりも相当価格は安くなるので、3年、5年落ちよりは故障のリスクは高まりますが、それでもまだまだ見た目が新しい車を手に入れられます。
中古車はできだけ走行距離が少ないものがいいわけですが、極端にそれが短か過ぎる場合は注意が必要です。
例えば7年落ちなのに1万キロ程度しか走行していない場合は、ずっと車庫に眠らされていて、メンテナンスを怠っている可能性が高いからです。
中古車に限らず、車を購入するときには、装備やグレードに注意しましょう。
同じ車種でも、グレードや装備によって価格には大きな差が生じます。
車種によっても異なりますが、たくさんのグレードが用意されている場合は、一番下のものと上のものでは数十万円から100万円単位で価格が変わってきます。
カーナビ、シート、サンルーフ、バックモニターなど、車にはいろいろな装備が用意されていて、標準葬儀でなくオプションを付ける場合は価格がアップするので、自分にとって本当に必要な装備が備わった車を選択することにより、価格を抑えて中古車を手に入れることができます。

PageTop